結婚したらストレスいっぱい?白髪はストレスを抱え込む体質が原因

結婚して白髪が増えたという話は良く聞く事ですが、どうしてなのでしょうか?白髪は、メラノサイトという髪を黒くする細胞の老化が原因なのですが、実年齢が上がる事が老化の全てではなく、若くてもストレスで老化が始まるのです。ストレスによって生じる現象は、血液循環が悪くなる、チロシンの不足で髪を黒くするメラニン色素が作りにくくなる、自律神経の働きが悪くなるなどいくつもの症状が白髪を作る事に繋がっているのです。白髪の仕組みを知ったところで、正しいヘアケアをして白髪を増やさない様にしましょう。

白髪が少ない段階では、毛根を生かすために抜くのはやめて根元からカットする事が大切です。毛を抜く事によって毛根から毛が生えてこなくなる可能性があります。

また、少しの間白髪を染めてみることも大切です。美容室でのヘアカラーがお勧めですが、身体への影響が少ない白髪染めトリートメントの使用なら家庭でご自身で安心してできるヘアケアです。美容室でのヘアカラーの場合は、頭皮の状態や体調に合わせて白髪染めを選ぶことができるサロンを探して、事前に連絡をする事をお勧めします。ヘアカラーの溶剤は身体に合わない場合もあるので、事前に調べてから、更にサロンでパッチテストをしてからが安心です。一度アレルギーになってしまうと、アレルギー症状をずっと抱えていかなければならないので気を付けるべきです。

自宅での白髪染めトリートメントの場合は、染料が身体で化学変化を伴わずに染めることができるので、アレルギーの心配はありません。しかし、染料の染まり具合はとても優しく少しずつで、実験によると5日以上続けて使用してやっと目に見えて染まったと感じる程度だとお知らせしておきます。トリートメントで染める場合で効果を出す方法は、温かい部屋で乾いた髪にトリートメントを多めに髪に塗布し、もみ込みラップなどをして30分以上の時間を置きます。トリートメントが先になりますが、シャンプーはやめてお湯でしっかりとトリートメント分を流し、タオルドライの後はしっかりとドライヤーで乾かします。